忍者ブログ
東京都練馬区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 練馬区貫井5-7-3

 円光院は、南池山貫井寺といい、真言宗豊山派(豊島八十八ヶ所第十一番札所)のお寺で本尊は不動明王です。
 昔、寺の南に大きな池があったので「南池山」と号し、土地の名が貫井であるので「貫井寺」」と称したといいます。
 寺の伝えによると天正13年(1585)没した開山・円長法師は密法修行の折、にわかに腰脚痛を患い、あらゆる治療を施したが効果がなく、一念をこめて七日間の断食をして、武州大鱗山の子聖権現を遥拝し平癒を祈願しました。その満願の日の暁、霊夢により霊石を得て患部を撫でさすると、たちまち快癒したので、感きわまってここに堂舎を建て貫井寺と称し、その近くに子聖大権現を勧請して霊石と共に奉安しました。
 子聖権現は十二年に一度、子の年・子の月・子の日にご開帳され、また観音堂に安置された観世音菩薩は子、聖観世音と称し、馬の護り本尊として信仰を集め、毎年春に境内で「馬かけ」の行事が行われ賑いました。
 昭和20年(1945)5月戦災で本堂などを焼失、昭和38年(1963)再現が成り、昭和55年(1980)12月、観音堂並びに境外仏堂(地蔵堂)などが修復再建されました。
 昭和57年(1982)3月 練馬区教育委員会



 円光院境内には『子ノ聖観世音碑』があります。
PR


所在地 練馬区貫井5-7-3 (円光院)

練馬区登録有形文化財
 子ノ聖観世音碑ねのしょうかんぜおんひ
     平成13年(2001)登録

  

 高さ1.75mの角柱型の石碑です。文化7年(1810)の銘があり、下部には明治13年(1880)の銘が陰刻されています。
 円光院の草創ともいわれる子権現が江戸時代には境外の祠に祀られ、信仰を集めていました。子ノ聖観世音碑は十一面観音ですが、近在の人々は馬頭観音としても信仰し、明治期には「馬かけ」行事も行われていました。
  練馬区


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性