忍者ブログ
東京都練馬区の歴史
[46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 練馬区中村3-8

 中村の御岳神社は、幕末期に谷原村の増島大傳によって創建されたと伝えられます。大傳は、行者一山の門人としてすでに谷原村に一山講社を結び、御岳神社(富士見台3丁目稲荷神社)を興し、近隣への布教にも励んでいました。中村では字中内を中心に御岳山一山信衍講が結ばれ大傳を開山として、二代先達内田清心(初太郎)三代先達神田明照(市五郎)と続き現在に至り、奉齋神は天御中主神・高皇産神・神皇産神・天神地祇・国常立尊・大巳貴命・少彦名命です。
 現在の社殿は昭和52年(1977)に新築されました。本殿西側には稲荷社があり、初代大傳はこの祠で祈祷を行っていたといわれています。
 その他境内には御岳山一山講社の講祖一山霊神をはじめ当社先達たちの慰霊碑があります。また明治初年(1868)以降の古文書や絵馬が多数保存されています。
 昭和62年(1987)3月 練馬区教育委員会

 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性