忍者ブログ
東京都練馬区の歴史
[71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 練馬区練馬4-27 (田島山十一ヶ寺受用院墓地) 

東京都指定旧跡
     昭和7年(1932)7月1日指定
練馬区登録史跡
     平成元年(1989)3月1日登録
 池永道雲墓



 池永道雲は、江戸時代中期の書家、篆刻家です。延宝2年(1674)に江戸の商家に生まれました。名は栄春、字を道雲といい、一峯、市隠、山雲水月主人などの号を称しました。清国の黄道謙の影響をうけて篆刻を学び『一刀萬象』三巻など多くの印譜を著し、わが国篆刻の始祖の1人とされています。著書は『篆海』『篆髄』『聯珠篆文』など十八種五十余巻に及びます。元文2年(1737)7月19日に64歳で死去しました。
 浅草誓願寺の塔頭受用院墓地に葬られましたが、関東大震災後の昭和2年(1927)現在地に移転しました。
 平成23年(2011)9月 練馬区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性